顎関節症 治療方法と治療の流れ

1.治療方法

①スプリント治療

マウスピースで顎の位置を正常な位置にしていく治療方法。
 →マウスピース装着時にしか顎を正常な位置にできません。

②リポジショニング治療

顎関節に適した咬み合わせにするために、仮歯(プロビジョナルレストレーション)を装着して咬み合わせから治療する方法。

2.治療の流れ

1.診断用模型上下の印象歯型取り)
2.咬頭嵌合位でのBT(シリコンBT)(咬み合せの位置を決定すること)

3CT精査撮影(NAOMI) 

4.顎関節 分析診断

5.顎関節診断カウンセリング
  
(診断結果と治療説明)
6.マウスピースの作成 →基本的に上顎での作成
7.マウスピースの装着

8.マウスピースの調整と経過観察 (頻度:1週間に1回、1か月に1回)
  顎の位置の確認(CT撮影)
9.安定後メタルスプリントの作成もしくはプロビ作成
  
→装着期間 約1か月

10、経過観察後良ければ顎の位置をCTにて確認
11、顎の位置の確認し、良ければ最終的な被せ物に変えていく
12、最終的な被せ物終了後、メンテナンスにて咬み合わせのコントロールをしていく(1~3か月)