歯並びにお悩みの方に。矯正治療

①歯並びをきれいにします 口元がとてもきれいになり自信がわいてきます。
②咬みあわせを改善し物が食べやすくなります。
③プラークのコントロールがしやすくなり虫歯や歯周炎にかかりにくくなります。
④顎の関節への負担が少なくなります。
※ただし、矯正治療は自費診療となります。

矯正治療が必要とされるケース

叢生(乱杭歯、八重歯)

乱杭(らんぐい)状態は、骨の成長や歯の大きさのバランスがずれたときに起こります。顎が小さくなっている現代人に多い不正咬合です。
歯ブラシが隅々まで行き届かないので、虫歯や歯周病の原因となることもあります。
スムーズな歯並びで歯磨きも簡単に出来、唇も閉じ易く口元もすっきりしています。

下顎前突(受け口)

咬み合わせた時に下の歯が上の歯よりも前にある歯並びです。
前歯に不具合がある場合と上下顎の大きさと前後の歪(ひずみ)による場合があります。 成長とともに骨格の箇所が大きくなりやすいので、早期治療が望ましい不正咬合です。

お子様の早期受診をおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください。

矯正治療のご紹介

マウスピース矯正

透明マウスピース型矯正装置は今までの矯正と違いワイヤーを使用しないため、矯正中でも見た目では装着していることがほとんどわかりません。

詳細、症例はこちらです

歯列育成型

幼少期のお子様におすすめです。幼少期より顎の拡大を行なうことにより歯をきれいに並べていく方法です。

詳細、症例はこちらです

DBS(Direct Bonding Sytem )
ダイレクト・ボンディング・システム

歯の表面に矯正装置をつけて
歯並びを治します。

詳細、症例はこちらです

矯正治療診療のご案内

月一回矯正専門医による診療を行っています。
基本第3日曜日
診療時間 10:45~13:00・14:00~16:30
相談:無料相談を行っております。