最近エステサロンでのホワイトニングや、セルフホワイトニングが出来るようになりました。
では歯科医院で行うホワイトニングとどのような違いがあるのでしょうか?

  歯科医院でのホワイトニング エステサロン
セルフホワイトニング
1.ホワイトニングの薬剤 過酸化水素水…歯の内・外の色素を漂白するもので、薬事法により国家資格所有者しか扱えない。 ポリリン酸・重曹など…基本的には歯を漂白するものではなく歯の表面のステインなどの汚れを落とし歯を白く見せるもの
2.歯の健康チェック 歯科医師・歯科衛生士によりホワイトニングでの問題がないかの確認。虫歯のチェック 歯科医療者が不在。
専門知識のないスタッフなので事前チェックは無し。
3.施術 専門家による安全な施術 基本的に国家資格者のみお客様の口の中を触れられるため、自分で薬を塗布する面倒さがある
4.効果歯の表面・内部からしっかり漂白するため後戻りし難い。基本的に歯の漂白ではないので色持ちが悪く後戻りし易い。

歯科医院でのホワイトニングの薬剤は主に過酸化水素水が使用されます。
この過酸化水素水が歯の色素を漂白していきます。
しかしこの過酸化水素水を使用するには、薬事法に基づき国家資格所有者でなければ扱うことができません。過酸化水素水は通常、歯肉の消毒にも使用する為、お口の中の消毒効果も上げることが出来ます。

エステサロン、セルフホワイトニングでは歯科医師、歯科衛生士がいないため、歯のステ
インを除去するポリリン酸が使用されているため、歯そのものの黄ばみを取ることが出来
ません。

歯の表面はクリーニングによってきれいになりましたが、歯自体は白く変化していません。

歯の表面の汚れが落ちるため白くなったように見えるのです。
ホワイトニングとは歯を白くすることで歯の着色汚れを落とすだけのものではありません
又、エステサロンや、セルフホワイトニングには歯科医師、歯科衛生士が在籍していませ
んので事前の歯のチェックを行うことが出来ません。

この症例は右上1番2番を被せ、残りの自分の歯はホワイトニングして白く仕上げています。

しっかり効果の出る、信頼できるホワイトニングをしていきましょう!