1.細菌・リスク検査

まずあなたの口の中にどんな歯周病原因がいて、どのくらいいるかを調べて見ることが出来ます。あなたの歯周病の危険度が、簡単な検査と診断でわかります。

アテイン検査(自費)

顕微鏡検査

BML唾液検査とBML用紙
(自費)

2.資料採得

口腔内写真

歯肉の状態、歯石の付き具合歯並び、咬み合わせ、歯の形態などをチェックします。

治療後の口腔内の変化の説明にも使用します。

X-Ray(レントゲン)写真

骨の状況、またむし歯の状態、咬み合わせによる歯牙への負担をチェックします。

3.歯周組織の検査をしましょう

深さをチェック!

歯肉の溝の深さを測定する検査です。 細い針(プローべ)を溝の中に入れ測ります。 歯肉の溝が深いと一般的には歯周病が進行し易くなります。4mm以上のポケットは歯周病にかかっていると判断されます。

出血をチェック!

歯肉からの出血を確認します。 歯肉の溝の内面を軽く触れることによって調べます。 歯肉の溝の中に炎症があることを意味します。

グラグラ度をチェック!

歯をピンセットで把持して、その動揺を調べます。歯肉の動きが強いと感染しやすい状況にあったり歯を支えている歯が少なくなっていることを意味します。

歯肉のわきから膿(うみ)が出ているかをチェックします。 膿が出ている場合には今まさに骨が溶けていることを意味します。

4.カウンセリング、治療計画

検査の結果からレントゲンを分析し今後の歯周病の進行具合をシュミレーションします。さらにどのように治療していくか計画を立てます。患者さんの同意を得て治療に入ります。

主な治療方法

TBI

あなたの歯ブラシの仕方を分析し、きちっと効率よく磨くことの出来る方法を患者様とともに考え、実践していきます。歯肉の状態に合わせて使用するハブラシや補助用具のアドバイスを行います。

スケーリング

すでに歯の表面にこびりついてしまった歯石は歯ブラシでは取れません。専門の担当衛生士がこの歯石を取り除きます。

ルートプレーニング

さらに根面をつるつるに滑沢化することが歯周病の改善、再生には必要となります。
表面だけでなく目では見る事が出来れば歯周の中の歯根面に付着した歯石を取り細菌のコントロールを行います。

歯周外科処置

歯肉溝が5mm以上残り、盲目的な操作ではなかなか歯石除去が完全に行われない場合、歯肉を剥離し直視下で徹底的にきれいにします。歯周病原菌により破壊された細菌を取り除き再生しやすい環境を作成します。

PCR

プラーク付着(歯垢・汚れ)状態の診査。綿球などにより歯面に染色液をつけて、プラーク(歯垢・汚れ)の付着状態を確認します。歯周病の進行の第一の原因は細菌であるため徹底的に細菌コントロールを行うためには歯磨きの苦手部分のチェックが大切です。

キュレットを用いて、歯根面の歯垢、歯石、懐死セメントを除去してなめらかにします。

shisekijyokyo1

 必要に応じてルーペにて根面を
確認して綺麗に仕上げます。

再生治療方法の有効とみなされる症例に対しては歯槽骨(歯を支えている骨)の再生治療を行います。メンブレン、人工骨を使う事によってより多くの再生骨量を獲得することが出来ます。この治療を希望する場合は遠慮なくご相談ください。

歯周外科処置 術前

歯周外科処置 術後

治療結果の確認

精密検査・歯周検査・X-ray(レントゲン)撮影の必要性
一通りの治療が終了し充分な治癒期間が経過いたしましたら資料を採得しその結果(いわゆる成果)を確認する必要があります。その分析を行うことで、今後の治療方針が決定されさらにはSPT移行への時期がわかります。

口腔衛生管理の重要性(SPTⅡ)

治療結果が良好であれば治療終了となりますが、歯周病は非常に再発しやすい病気の為、再発予防の為の口腔衛生管理が必要となります。
実はこれからが本当の治療の始まりとなります。
定期的に細菌コントロールを行うことにより歯周病再発の防止、進行を緩やかにすることが可能となります。

定期治療(口腔衛生管理)の間隔は個人によって違います。 ドクター、担当衛生士があなたの口腔内、全身のリスクに応じて、 アドバイス致します。レッドゾーン(病気)に下がる手前で定期治療を受けることが必要です。
これが口腔衛生管理の間隔となります。

歯周治療の流れ

受付