虫歯の進行度と治療方法

 

虫歯の進行度

  う蝕(うしょく)とは虫歯のことで、専門用語で「カリエス」といいます。頭文字のCを取って、Co~C4で虫歯の進行度を表します。

虫歯の進行度と治療方法

う蝕症第1度(C1)

 虫歯がエナメル質に留まっているか、象牙質のごく表面が侵された程度の初期のものです。
 黒い着色や白濁(白い斑点)が現れるが、痛みなどの自覚症状はありません。  虫歯の部分を削り、レジンで詰め物をします。

う蝕症第2度(C2)

 虫歯が象牙質内に進行したものです。歯の神経はまだ侵されていない状態です。
 甘いものを食べた時に痛みを感じたり、冷たいものがしみるなど、自覚症状が現れます。
 虫歯の部分を削った後、歯の神経を保護する薬剤や外来刺激を遮断する薬剤を入れます。その後、銀歯などの被せ物を作ります。

関連する治療:歯冠修復物

う蝕症第3度(C3)

虫歯が進行して歯の神経に達したもの。虫歯に侵された部分を除去するとすぐに歯の神経が露出します。
C3では細菌感染などによって歯の神経に炎症が起こります。それを放置していると炎症が拡大し、痛みが発生します。
根の先まで炎症が達すると、根の先端から外へ炎症が及び、歯肉や頬部が腫れて、膿が出る場合もあります。
歯の神経を除去し、根管を清掃拡大し、薬剤を詰めます。その後、銀歯などの被せ物を作ります。

関連ページ
根管治療
歯冠修復物
出来るだけ神経を残す治療

う蝕症第4度(C4)

虫歯の末期で、根だけが残っている状態です。ほとんどの場合は抜歯になります。
抜歯後はブリッジや入れ歯、またはインプラントになります。

関連ページ
義歯
インプラント

要観察歯(Co)


歯の表面がわずかに溶けて(脱灰)白くなっていますが、まだ虫歯になる前の状態です。
この段階なら、しっかりした歯磨きや歯を強くするフッ素を使って虫歯予防を強化すれば、進行を食い止めることが出来ます。