虫歯の原因

虫歯の原因となる二大要素はプラークと菌です。虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分をエサに活発に増殖し、その際にグルカンというネバネバした物質を作ります。
これによりミュータンス菌は歯に付着しやすくなり、そこを絶好のすみかとします。この細菌の集合体がプラークです。食べかすのように見えますが、実は細菌の塊なのです。

プラークはきちんと歯磨きすれば除去できますが、プラークが硬化し歯石になると歯磨きでは除去できません。そのまま放置しているとますます口腔内環境が悪化します。

酸が作られるまで、少し時間がかかるので、虫歯の原因を早く除去することが虫歯予防には最も効果的でしょう。
虫歯は初期を除いては自然治癒することはなく、放置しているうちにどんどん悪化してしまいます。早期発見早期治療が重要ですが、虫歯になってから治すのではなく、予防することが一番大切です。

むし歯の4つの原因

dcir