保険診療の被せ物と自費診療の被せ物の違い

①精密さ

自費の被せ物では、精度の高いオーダーメイド品を製作する為に、型取りの材料に精密な材料を使用します。自費診療は20~30μ(保険診療は100μ)単位で製作するので、型取りの出来映えが非常に重要です。

②丁寧さ

自費の被せ物では、歯科技工士が費やす時間も異なります。患者様一人一人に合わせた完全なオーダーメイド品(被せ物)を手間を掛けて製作しています。

③素材

ご自身の歯に近い(生体親和性が良いメタルフリー(非金属製)の材料を用いて細密さと丁寧さを追求することにより、高精度のオーダーメイド品が完成します。

①②③より、保険と自費の被せ物の違いについて、ご理解頂けたでしょうか。治療した被せ物がどちらにしても、今後ご自身のお口の中、つまり体の一部として長い間お付き合いしていくものですから、患者様に安心頂かなければ治療を進めることはできません。当院では予めカウンセラーによるカウンセリング時に丁寧に説明し、患者様ご自身が安心安全をご納得されたうえで、ご自身に合った治療方法をお選び頂いております。

診療のご予約・お問い合わせ055-232-4082受付時間 9:00-18:30 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ