顎関節症とはどんな病気?

 筋肉、顎関節、咬み合せ機能的咬合系のいずれが障害されても、他の機能に悪影響が誘発され、全体として口の機能が障害されることになります。これが「顎関節症」という病気です。顎関節症には、次のような症状が現れます。
 すなわち、「口が開きにくい」「口を開けると音がする」「あくびをしたり、硬いものをかんだりすると顎関節の付近が痛い」「肉やするめを食べると、すぐにアゴがだるくなる」などです。これら、①「アゴが痛い」、②「口が開かない」、③「アゴから音がする」というのが、顎関節症の三大症状といわれます。その他にも、人によって肩こり、頭痛、めまい、耳鳴りなどをともなうこともあります。
 現在では、顎関節症は歯医者で診てもらう病気だとの認識が高まってきた影響で、う蝕、歯周病に次ぐ「歯科第三の疾患」であると言われています。

顎関節症の原因は何か?

 顎関節症の原因には、いろいろなものがあると知られています。また、図のように、原因が単独で、あるいはいくつか複合して顎関節や咀嚼筋に悪影響を及ぼし、顎関節症の発症に至ります。

すなわち、顎関節症は単一の原因や病態をもっている病気ではなく、同じような症状をもっている顎関節症患者であっても、その原因や病態は必ずしも一緒ではありません。

<当院で治療ができる顎関節症の原因>

原因原因の種類その他
パラファンクション睡眠時プラキシズム、覚醒時プラキシズムいろいろな口腔習癖、楽器演奏など
情動ストレス職場でのストレス、介護負担近所づきあいなど
咬合異常前歯節オープンバイト、片側性クロスバイト歯科治療の誤りなど