セカンドオピニオン

歯科医院によっては、同じ症状でも診断が違う場合があります。歯科医師が100人いれば100通り同じ診断をすることはないでしょう。それは、歯科医師によって治療の考え方が違うので、その症状に対する治療方法も違ってきます。例を挙げますと、「抜歯しなければならない。」とA歯科医院で診断されても、中央歯科医院では「抜かないで何とかなるかもしれない。」と診断されることもあるかと思います。ご自身の一部を抜かなくて済むものであれば、それにこしたことはありません。
虫歯の治療においても、「どんどん自分の大切な歯を削られるかが心配」、「通院するたびに、銀歯が増えていくので不安がある」ということはありませんか。セカンドオピニオンでは、別の歯科医院で別の角度からも検討することができますし、同じ診断をされたとしてもその診断に対する理解が深まるのではないでしょうか。セカンドオピニオンは、医院を変え治療を受けることだと考えている方もいらっしゃいますが、他の医院で意見を聞くということが本来の「セカンドオピニオン」です。

そんな不安を拭いさる為にも、セカンドオピニオンを他院で求めることも必要です。ご自身の歯は抜いたり削ったりすれば、元の形には決して戻らないことを知っておいて下さい。

セカンドオピニオンで他院にて治療を受ける際は、必ず現在治療を受けていることをお話し下さい。その際は、「紹介状」「レントゲン画像などの検査内容」などの準備をお願い致します。その診断をした時点でのデータが無いと、その歯科医師が診断した根拠が分からないので、1から検査をして頂かなければなりません。こうなると、セカンドオピニオンではなく、ただ単に複数の歯科医院に通うことと同じです。かかりつけの歯科医院に黙って他院に行くのではなく、セカンドオピニオンを受けたいという意思を伝えるようにしましょう。治療を受けるのは患者様ご自身で、その治療方法を同意するかしないかは患者様ご自身が選択できる権利があります。