マウスピース矯正(インビザライン)の流れ

SETP.1 カウンセリング

治療計画を立て、術前のお口の写真撮影をします。治療を始める前に、患者様のお悩みや疑問などを、時間をかけてお話を聞き解決していきます。歯科医師からは患者様の口腔内や生活習慣の状況を伺い、患者様にとって最適な治療をご提案させていただきます。

SETP.2 精密検査

治療計画を立て、術前のお口の写真撮影をします。治療を始める前に、患者様のお悩みや疑問などを、時間をかけてお話を聞き解決していきます。歯科医師からは患者様の口腔内や生活習慣の状況を伺い、患者様にとって最適な治療をご提案させていただきます。

矯正前と矯正後のシュミレーションが出来ます

当院では、患者様にご満足いただけるよう先進的な設備・機器を導入しています。その1つが「光学スキャナー(iTero)」です。今までの型取りは、冷たくてぐちょぐちょした型取り材を長い時間入れて、行っておりました。当院では、スキャナーをお口の中で添わせるだけで型を採ることが出来ます。今までの型取りの不快感や嘔吐反射(吐き気)を感じることがないので身体的に負担が軽減されます。

SETP.3 治療計画のご説明

検査結果や治療計画を説明いたします。マウスピース型矯正の場合は、治療計画のシミュレーション動画(クリンチェック)をお見せします。以降の矯正治療をどのように進めていくのか、リアルに確認いただけます。

SETP.4 矯正開始&保定

透明なマウスピースを装着し、歯をより正しい位置に導きます。美しい歯並びと良好なかみ合わせに段階的に整えていきます。歯の並びにもよりますが装着は1年半~2年の期間が必要です。通院は4週間~6週間に1回程度と、他の矯正装置よりも少ない回数です。矯正後は、整えた歯が後戻りしないよう、歯を固定するのが保定期間です。この期間は数カ月~数年かかることもあり、個人差があります。