シリコンデンチャー(食べる機能優先)

顎の吸収が著しく、通常のレジン及び樹脂で作った入れ歯では痛くて咬めない人に適します。 内面に特殊なシリコンを一定の厚さで敷くことにより、痛くなく食物が食べられるようになります。

エステデンチャー(審美性優先)

部分入れ歯の場合残った自分の歯にクラスプ(金属のバネ)をかけることによりいかにも入れ歯が口の中に装着されているのが一目で判り、見た感じがとても悪くなります。これを解消する為にバネの部分をピンクにしたり白くすることにより、審美性を向上させて入れ歯が一目で入っているのが判らないようにすることが可能となりました。

金属床(装着感優先)

 

クラスプ

 

今までのクラスプは金属フックが剥き出しの為、目立ちやすく見た目もあまりよくありません。また、ナイロン素材も強度や弾力性の面で課題がありました。 アセタルクラスプは歯の色に合せたシェードをご用意し、強度・耐久性も抜群で、さらに浸水性がありませんのでバクテリアが付着せず、口臭を防ぐ事もできます。

※バネの部分が透明の物もあります。