梅雨の時期の体調管理

雨が降ったり台風が近づいたりすると頭痛や肩こり・体調不良などを起こすことがあります。私は昔、交通事故で鞭打ち症になったことがあり、天候に左右された苦い経験があります。これと同じことが、歯にも起こることをご存知ですか?

こういった症状は、気圧の変化によってもたらされる厄介なものです()

高い山に登ったら、スナック菓子の袋がパンパンに膨れるのを見た事がありませんか?これは袋の中の空洞の気圧に対して、外の空気の気圧が低くなるために、中の空気が膨張して起こり、これと同じことが歯の中でも起こってしまいます。
歯の中には歯髄腔と呼ばれる神経の入った空洞があり、急な気圧の変化が起きると歯の中の空洞と外の空気との気圧差によって、その歯髄腔の中の空気が膨張します。  

この気圧差の変化によって神経が刺激されて、痛みが出てしまいます(個人差があります)。これは生理学的にも説明されていて、気圧性歯痛と呼ばれています。

日常生活での普通の雨では徐々に気圧が下がるので痛みはでにくいのですが、飛行機に乗ったときや台風で急激に気圧が下がったりすると起こりやすいです。

虫歯を放置している人や治療後で神経が刺激されて過敏な状態の人に起こりやすいので、やはり治療は最後まで受けて頂きたいと思います(^^)

Follow me!