歯周病とは?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かない状態が長く続くと、そこに多くの細菌が停滞し、歯
肉辺縁が炎症を帯びて赤くなったり腫れたりします。(痛みはほとんどの場合ありません。)

LPS 歯周病原菌

LPS 歯周病原菌

歯周病の進行

歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきがひきしまっている。

歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたり力夕いものを食べると出血することもある。

ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがある。

歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

そして進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台がとけて歯が動くようになって歯を失う原因になります。ところで、成人の多くが遅かれ早かれ歯周病にかかっているのをご存知でしょうか?日本人の成人の約8割が歯周病に罹患していると言われています。

命を狙う歯周病

歯周病はお口の中だけの病気ではなく全身の健康と大きくかかわる病気です。歯周病を早期発見し、早期治療で治す、また、再発予防のため口腔管理を継続することが全身の健康につながります。

「歯周病が引き金」全身疾患とその影響。

歯周病があり、歯肉の中に歯周病菌が浸入しますと菌がリンパ管や血管の中に入り込みます。そうしますと歯周病菌はリンパ管や血管を介して全身に運ばれ各臓器に取り付いてしまいそこで悪さをするのです。心臓に取り付くと歯肉が健康な人に比べて致命的な心臓発作を引き起こす確立は約3倍も高くなります。同様に脳の血管に取り付き動脈硬化が生じた結果非出血性の脳卒中になる危険性は健康な人に比べ2.1倍も高くなります。 また気管支から肺に歯周病菌が入っていくと重い肺炎にかかりやすいと言われています。 さらに歯周病患者では早産が多く、低体重出産の確立が健常者の7倍となっています。
糖尿病患者は歯周病の治療からと言われているように歯周病にかかると糖尿病は悪化傾向をたどります。他に歯周病が進行しやすい環境因子(リスクファクター)の代表として糖尿病や喫煙習慣があります。糖尿病に関しては前述した他に糖尿病に罹患していると歯周病はかかりやすくなり、糖尿病の第6番目の合併症とも言われています。 また喫煙者は歯周病が極めて治りにくくそれはたばこの煙の中のニコチンタールなどの有害物質が歯周組織の破損を進行させたり、極めて傷の治りを悪くするからです。 その他にはストレスや薬の副作用、遺伝的になりやすいという様々な因子とかかわっているのです。

従って、歯周治療をしっかり行って、お口の中の歯周病原菌の数をコントロールすることにより全身の病気の発症を未然に防ぎ健康維持、獲得することが出来るのです。