山梨県甲府市の歯科、中央歯科医院。インプラント、歯周病治療、予防歯科、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング、口臭治療等のご案内

歯周治療

  • HOME »
  • 歯周治療

歯周病とは?

一般的に云われている歯周病は歯周組織に歯周病原菌が感染して歯槽骨(歯を支える骨)に吸収がおこる病気で、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。
また口の中にいる菌の種類や数と個人の(全身は)抵抗力のバランスによって発病するか否かが決まります。

shisyusaisei2

shisyu_1

進行すると歯を失う原因となり全身にも悪影響を及ぼし、またひどい口臭の原因となる歯周病。。。できれば無縁でいたいものですね。しかし、成人の多くが遅かれ早かれ歯周病にかかっているのをご存知でしょうか。

歯周病は世界で最も感染者が多い疾患としてギネスブックに掲載され、日本人の成人の約8割が歯周病に罹患していると言われています。

命を狙う歯周病

歯周病はお口の中だけの病気ではなく全身の健康と大きくかかわる病気です。歯周病を早期発見し、早期治療で治す、また、再発予防のため口腔管理を継続することが全身の健康につながります。

「歯周病が引き金」全身疾患とその影響。

「歯周病が引き金」全身疾患とその影響。

 

歯周病があり、歯肉の中に歯周病菌が浸入しますと菌がリンパ管や血管の中に入り込みます。そうしますと歯周病菌はリンパ管や血管を介して全身に運ばれ各臓器に取り付いてしまいそこで悪さをするのです。心臓に取り付くと歯肉が健康な人に比べて致命的な心臓発作を引き起こす確立は約3倍も高くなります。同様に脳の血管に取り付き動脈硬化が生じた結果非出血性の脳卒中になる危険性は健康な人に比べ2.1倍も高くなります。 また気管支から肺に歯周病菌が入っていくと重い肺炎にかかりやすいと言われています。 さらに歯周病患者では早産が多く、低体重出産の確立が健常者の7倍となっています。

糖尿病患者は歯周病の治療からと言われているように歯周病にかかると糖尿病は悪化傾向をたどります。他に歯周病が進行しやすい環境因子(リスクファクター)の代表として糖尿病や喫煙習慣があります。糖尿病に関しては前述した他に糖尿病に罹患していると歯周病はかかりやすくなり、糖尿病の第6番目の合併症とも言われています。 また喫煙者は歯周病が極めて治りにくくそれはたばこの煙の中のニコチンタールなどの有害物質が歯周組織の破損を進行させたり、極めて傷の治りを悪くするからです。 その他にはストレスや薬の副作用、遺伝的になりやすいという様々な因子とかかわっているのです。

従って、歯周治療をしっかり行って、お口の中の歯周病原菌の数をコントロールすることにより全身の病気の発症を未然に防ぎ健康維持、獲得することが出来るのです。

歯周治療の種類

中央歯科の歯周治療の4原則

1.患者さん自身の歯磨き(プラークコントロ-ル)

2.歯肉の中(歯周ポケット)の歯石除去

3.病みたがらない歯肉づくり→食生活の見直し

4.定期治療(メインテナンス)

昨今まで歯周病原菌の感染により、一度骨が吸収され喪失しますと骨が再生されることはなかなか困難でありました。しかしながらここ十数年のうちに再生治療が著しく進歩し、症例によってはほぼ元通りに骨が再生される事も可能となりました。 当院では特殊な症例におきましては再生治療の第一人者であります専門医の先生が治療にあたります。 お気軽にご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 山梨県甲府市の中央歯科医院 All Rights Reserved.