インプラントのリスクと安全性 - 中央歯科医院 山梨県甲府市
山梨県甲府市の歯科医院でインプラント治療、歯周病治療、予防歯科、むし歯治療、歯のホワイトニング治療。保育施設、技工施設、訪問診療設備も完備。

インプラントのリスクと安全性

Q1 インプラントは人体に悪影響はないのでしょうか。

インプラントの材料であるチタンは、生体との馴染みが良く、整形外科では人工関節として、脳神経外科では頭蓋骨の代用として使用されている安全な素材です。

また、金属ではありますがアレルギーを発症する可能性も極めて低いとされています。ただし稀にアレルギー反応がでる方もいらっしゃいますので、不安な方は事前に皮膚科でアレルギーテストを受けておくと良いでしょう。

Q2 誰でも受けられる治療なのでしょうか?

残念ながらどんな患者様でも治療できる治療法ではありません。

お口の状態や骨量、持病などの体の状態によっては、「インプラントと骨が結合しにくい」「外科手術を受けることが適していない」などの理由で、インプラントをおすすめしない場合があります。ただし、持病があっても病気の種類や状態によっては、内科主治医と連携をとることで治療できる場合もあるため、歯科医院に確認しましょう。また、顎の骨量が少ない場合は、基本的にインプラント治療は適していませんが、骨移植術(骨を増やす治療)に精通した医院であれば、治療をおこなうことができます。

Q3 手術に危険はありませんか?

インプラントを1本を入れる手術の規模は、親知らずの抜歯と同程度です。ただし、外科手術である以上、リスクはゼロではありません。

リスクとしては、大きな血管を切ることによる大量出血や、神経の損傷による唇の麻痺などがあります。
これらは、手術の前にお口の状態を精密に検査し、血管や神経の位置を把握した上で手術がおこなわれていれば、ほとんど発生することはありませんが、術前に精密な検査が行われている医院を選ぶと安心でしょう。

Q4 インプラントの寿命はどのくらいですか?

適切な診断のもと、科学的根拠にもとづいた治療が行われていれば、天然の歯と同じくらい持つといってもよいでしょう。

ただし、毎日のブラッシングや歯科医院での定期的なメインテナンスを怠れば、天然の歯と同じように、インプラントを支えている歯茎や骨が歯周病にかかり、インプラントが抜け落ちてしまう可能性があります。長く機能させるためには十分なケアが大切です。

Q5 メインテナンス不足以外の原因で、インプラントが抜け落ちることはありますか?

発生する確率は高くはありませんが、下記のような場合にはインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。

・インプラントが適していない患者様に治療した場合

・手術の際に治療部位に細菌が感染した場合

インプラント治療が適していない患者様、あるいは特別な処置が必要な患者様に対して、安易にインプラント入れてしまうことで、インプラントと骨とが結合できず、抜け落ちてしまうことがあります。また、インプラントの手術の際に治療部位が細菌に感染した場合も、インプラントの周囲の組織が炎症をおこして抜け落ちてしまうことがあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

固定ページ

PAGETOP
Copyright © 中央歯科医院 山梨県甲府市 All Rights Reserved.