診療案内Menu

審美歯科

歯には機能的な側面と審美的な側面があり、共に健康に関して重要な要素です。歯の色や形、口元が少し違うだけで表情や印象は大きく変わります。
中央歯科医院では、形態・色・機能の美しさの調和を図ることにより、患者様の健康的な美しさをサポート致します。

セラミック治療は単純な「白さ」だけではなく周りの歯とのバランスが必要です。
また、当然咬み合わせも患者様ごとに異なりますので、しっかりと診断、設計した上で作製しています。また、金属アレルギーを発症させないためにも被せ物や詰め物はオールセラミックをお勧めします。
また、ホワイトエッセンス甲府院も併設しておりますので患者様のお口をトータル的に美しく輝かせるプレミアム新美を推奨しております。健康な歯の汚れや黄ばみを除去しより美しい口元であなたの印象も変わるでしょう。

短時間でセラミックが入ります!

当院では院内技工所を併設、セレックシステムを導入しています。1~2時間で修復物が完成し、患者様にとって快適な質の高い治療が可能となりました。

最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。修正などもその場で行えます。また、直接技工士とも接することが出来る為細かい要望などもお聞きすることが可能です。

オールセラミックについて

実際の症例

治療説明

左上1番の詰め物・右上下1番の被せ物・右下1番の歯肉ステインも除去してます。他の歯はホワイトニング。

施術前 施術後
施術料金
  • オールセラミック築盛法 100,000円(税抜)
    ※その他仮歯などベット費用がかかります
  • ホワイトニング白さ結果保証コース 98,000円
  • 歯肉ステイン除去 10,000円(1回)
治療のメリット 歯肉色と歯の色がマッチしとてもきれいに仕上がっています。
治療のデメリット は生活歯で被せてある為しみる症状が発現することがあります。

審美補綴物

プロビジョナルレストレーション

プロビジョナルレストレーションとは最終補綴物(被せ物)が出来上がるまでの間に装着する仮歯のことです。
最終補綴物(仮歯)が装着されるまで歯肉の状態を整え、歯の形態や歯並び、顔とのバランスを見る為に作製します。

治療費 5,000円

ファイバーコア

被せ物の土台となるもの

メリット 硬さや弾性が自然歯とほぼ同じなので歯が割れるリスクが低い。金属を使わないので、セラミックを入れた時に自然で透明感のあるキレイな歯を再現できる。金属アレルギーの心配がない。
デメリット 保険適応外のため、保険のものに比べて費用がかかる。

治療費(税抜) 15,000円

歯肉圧排

歯肉圧排とは、歯と歯ぐきの間に糸を挿入し、一時的に歯と歯肉をわずかに開いてから型取りを行うテクニックを言います。歯と歯肉の間に型取りの材料が入り込んでいくことで、精密な型取りが可能となり、被せ物の精度も高くなります。歯肉圧排を行うことで、治療時間は3倍以上、材料費は10倍以上かかるため、保険治療ではこの作業を省くことがほとんどです。材料や時間に制限のない自費治療だからこそ行える工程のひとつです。

オールセラミック

インレーアンレー

歯の詰め物

施術前 施術後

インレーとは咬合面の一部に入れる小さな詰め物。
アンレー小臼歯、大臼歯の咬頭(とがってる)部分を覆う大きな詰め物。
「In」→(歯に)入れる 「On」→(歯に)のせる という意味です。

メリット
  • セラミック自体は劣化しないため、インレー/アンレーと歯の隙間から虫歯になりにくい。
  • セラミックは金属表面がツルツルしているため汚れが付きにくい材料なので、歯ブラシやデンタルフロスで歯垢を簡単に落とせます。清潔なため口臭も少ない。
デメリット
  • 保険適応外のため、保険のものと比べて費用がかかる。
  • 咬み合わせによって、歯軋りなどの強い力が加わると割れたり欠けたりすることがある。

自費診療の被せ物の特徴

精密さ
自費の被せ物では、精度の高いオーダーメイド品を製作する為に、型取りの際に精密な材料を使用します。自費診療は20~30μ(保険診療は100μ)単位で製作するので、精度の高い印象材を使用し型を取っていきます。
丁寧さ
自費の被せ物では、歯科技工士が費やす時間も異なります。患者様一人一人に合わせた完全なオーダーメイド品(被せ物)を手間を掛けて製作しています。
素材
ご自身の歯に近い(生体親和性が良いメタルフリー(非金属製)の材料を用いて細密さと丁寧さを追求することにより、高精度のオーダーメイド品が完成します。

治療した被せ物がどちらにしても、今後ご自身のお口の中、つまり体の一部として長い間お付き合いしていくものですから、患者様に安心して頂かなければ治療を進めることはできません。当院ではカウンセリングシステムを導入しております。カウンセラーより丁寧に説明し、患者様ご自身が安心安全をご納得されたうえで、ご自身に合った治療方法をお選び頂いております。

歯肉の色素除去・メラニン色素除去

施術前 施術後
施術料金 1回10,000円~(税抜)
治療のメリット 金属で作成した被せ物は、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことがわかっています。その一つがメタルタトゥーです。金属が溶け出して歯肉に沈着し、さらに歯ぐきを黒く変色させます。レーザー治療により、歯肉の色素除去が可能です。
※場合によっては何回か治療が必要となります。

金属アレルギーについて

金属アレルギーは怖い。メタルフリーな口元に!

なぜ、金属の詰め物が身体に悪いのか?

実はこんな体調不良を起こす原因だったのです!

1つでも当てはまる方はご注意ください!

  • 花粉症をはじめとするアレルギーを持っている
  • 肩こり、偏頭痛、歯ぎしり、うつ病のような症状がある
  • 未病(病気ではないが、体調がスッキリしない)
  • 電磁波過敏症である

口腔内メタルの為害性

  • Agは硫化するのでPg菌が産生するH2Sで黒色化して雑臭を発する
  • アレルギーを助長する
  • 掌蹠膿疱症の原因
  • 審美観が問われる時代
  • 携帯電話やパソコンの電磁波でコヒーラ現象を生じ心身に影響する
  • 咬合性外傷の原因となる
  • 辺縁歯肉に炎症を惹起する(リンパ球が遊走する)

その他の問題点

  • 白金族(プラチナ、パラジウム)は電磁波を 引きつけやすくアレルギーを惹起しやすい
  • 銀はアルカリ性の唾液で硫化する
  • 金属冠にメタルAbを用いるとガルハニック電流が発生して補綴物の中で金属の腐食が助長される
  • Auの品位が高くても、辺縁歯肉に接触するとリンパ球が遊走する  (ピアスかぶれのような炎症を生じる)

メタルフリーな口元にするために、最短一日で出来る補綴物(セラミック)がお勧めです。