TBI - 中央歯科医院 山梨県甲府市
山梨県甲府市の歯科医院でインプラント治療、歯周病治療、予防歯科、むし歯治療、歯のホワイトニング治療。保育施設、技工施設、訪問診療設備も完備。

TBI

TBI

あなたの歯ブラシの仕方を分析し、きちっと効率よく磨くことの出来る方法を患者様とともに考え、実践していきます。

ブラッシング三原則

  1. 柔らかめの歯ブラシを使う
    ①の柔らかめの歯ブラシを使う理由は、歯茎が腫れていると出血を起こしやすいためです。柔らかめの歯ブラシは、歯周病の原因となるプラークの除去だけでなく歯茎のマッサージを行うに非常に効果的です。1箇所につき20回程度を目安にブラッシングするようにしましょう。

  2. 自分に合った歯ブラシの持ち方でしっかり磨く
    ②の歯ブラシの持ち方ですが、自分が磨きやすい持ち方でしっかりと磨いていくことが大切です。持ち方としては、ペンを持つように握る「ペングリップ」と、歯ブラシのグリップを握り締める「パームグリップ」の2種類があります。当院では「ペングリップ」をお勧めしています。

  3. 歯と歯茎の境目を丁寧に磨く
    ③の歯と歯茎の境目を丁寧に磨く理由として、プラークを取り除く目的があります。境目を意識して磨くことで、単純に歯面を磨くよりも磨き残しを防いでくれます。その際、境目に触れる歯ブラシの毛先が当たっているのを意識しながら、軽い力で磨いてみて下さい。

     

歯間ブラシ

歯と歯の隙間のプラークを落とすのに効果的なのが、歯間ブラシです。その際、歯茎を傷つけないようにゆっくりと歯間部に挿入し、前後に数回動かしましょう。サイズは無理なく挿入できて動かせるものがベストです。

デンタルフロス

歯と歯の間に糸を通すことで、プラークを取り除きます。歯間部に斜めにスライドさせながら、前後にゆっくりと動かしましょう。糸を引き抜くときは、一度、歯茎の下の方に動かしてから抜くようにしましょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 中央歯科医院 山梨県甲府市 All Rights Reserved.